ふるさと納税で、生プルーン先行予約中!

北海道余市の農家が平成最後の4月を振り返る(その3)

プルーンの剪定作業も追い込みへ

園地に積雪が1メートルもある頃から手掛けてきた、プルーンの剪定もいよいよ終わりを迎えようとしていた4月も前半、もうすっかり雪なんぞ消えて、青々と草が茂ってきてます!

草達は、まだまだ生えたてぽやぽやですが、1ヶ月後には彼らを刈り払うのに奮闘している私たちが容易に想像できますね

連日続く天気で心地よい暖かさ!いや〜ほんと気持ちがいいですよ空気が澄んでる!

園地から見える景色も今時期は、ハッキリしていてとても好きなんです。

海を越えて”増毛”の方まで見えるんですよ!

さわやかなちょっぴり冷たい風が吹き、青々と春の芽吹きを感じ、遠くの増毛まで見渡せる海が楽しめる
園地で、今日も選定作業に勤しむのでした。

また今年も、『プルーンってこんなに美味しかったんだ』という声をききたいので


春休みも後半の子供達、自転車解禁

この日、連日の天気も影を潜め、かな~り肌寒かったのですが、倉庫の整理と共に出した自転車を見るなりさっそうとまたがるおねーちゃん達!

まてまて、空気入れたりブレーキ調整したりするからちょっと待てと私
ウッキウキでまつ子供たち!

整備終了! 久々の自転車で少しバランスを崩すも悠々と漕ぎまわるおねーちゃん達に
アンパン号で駆け抜ける キョウ坊!

春だなぁ(笑)