ふるさと納税で、生プルーン先行予約中!

北海道余市の農家が平成最後の4月を振り返る(その4 )

連日続いていた天気で、園地の野草や花々が咲き誇る四月も中旬

緑と青のコントラストがハッキリとしてきましたね

そして、ブルーベリーの剪定をしている園主たちを激写!
今年度のブルーベリーは比較的に雪によるダメージがなかったのよかった‥

太陽が十分ブルーベリーの樹や葉、そして、果実に入り込むようにしてあげます!

今年もフレッシュブルーベリー期待大か!?

そうして春の心地よい暖かさで、急激に伸びる草!

中でもアサツキというネギ属の野草やカタクリの花は、ふきのとうなどと同様に、春の訪れを感じさせてくれます。

さらにこれらの山菜は、それぞれ調理して食べることができるので見た目だけでなく、その味わいでも私たちに春の訪れを知らせる風物詩ですね

j

そしてついに!行者にんにく登場‼︎

そうそうこの時期の山菜の代表格!行者にんにくとも言われるネギ属の山菜が採れたんです。

この行者にんにく(ギョウジャニンニク)という名前の由来は、山にこもる修験道の行者が食べたことからとも、逆にこれを食べると滋養がつきすぎて修行にならないため、食べることを禁じられたからとも言われているそう

それに、キトビロ、ヤマビル(山蒜)またはヤマニンニクなどの別名もあり、キトビロ(もしくはキトビル、キトピロ)がさらになまって、ヒトビロ、ヒトビルというような発音になることもある山菜で、北海道ではこの植物を俗に「アイヌネギ」と呼ぶことがある。

と、まぁ北海道では古くから食べられていた、強いにんにくの香りがした、スタミナ抜群の山菜だということですね。

私も昔から北海道のソウルフードとも言える、ジンギスカンと一緒に食べてきたものです!

そして今回採れた行者にんにくも新鮮な天然もの、香りが強いのか帰りの車はもちろん、選別中の部屋中ニンニク臭がただよいます。 でも、これがいいんです!

行者にんにくも5月までは楽しめるし、これから続々捕れ始める!旬の山菜にも期待大ですね‼︎