スイーツ作りにおすすめ!冷凍果実販売中

君は、ハチの分蜂を見る

一面が蜂が飛び交う神秘の世界


それは午前10時ごろのことだった

ブォーンんと飛行機のような響きで、うねるように空を飛ぶミツバチの大群

いわゆるミツバチの分蜂群を見ることができた。

そもそも分蜂とはなんぞ?という方が多いと思うので

こちら

 

MEMO
ミツバチの巣は、一匹の女王バチと複数の働きバチから成り立っています。一つの巣に新しい女王バチが生まれたとき、古い女王バチが巣にいる働きバチを連れて集団で引越しをします。これを分蜂(巣別れ)といいます。ミツバチなどの社会性昆虫にとっては、群れを増やす方法として、分蜂は重要な役割を果たします。

北海道では、養蜂をやっている方以外ほとんど見ることはないと思います。

僕自身も実際に見るのは数回しかありません

自然に生きる ミツバチの神秘

ひきこまれます。