ふるさと納税で、さくらんぼ先行予約中!

初物の桃『夢富士』収穫開始!販売のおしらせと、ももの美味しい食べ方や保存方法をご紹介

 北海道にも桃の季節がやってきた!北海道余市町産のもも収穫中!

余市町は、北海道の日本海側、中程に位置し北海道ならではの雄大な自然に囲まれ、肥沃な大地に恵まれた場所です。温暖な気候にも恵まれ、農作物は着色が良く、糖度がとっても高くなりやすい、北海道の中でも指折りの果物産地です。

北海道余市町産の『』]恵まれた自然の中で丹精を込めて育てあげられた「桃」は、この上ない甘さ

桃の収穫
当園でも、桃の収穫が始まっております!品種は『夢富士』(ゆめふじ)特徴は、早生としては、大玉で果肉は硬く酸味と甘みが調和され、緻密で繊維が少なく、この時期の桃としては品質は良好です。今年は天候に恵まれ、玉伸びや着色も良く糖度も上がりジューシーな仕上がりとなっています。
爽やかな風と共に、桃の香りが漂います。
桃を収穫する方法
ももは収穫時期を間違えると、甘みがのっていない堅い果実を食べることになります。しっかりと収穫適期を見極めることが重要です。
果実を手のひらで感触を確かめると「かすかに弾力」を感じます。果頂部は特に柔らかいので、赤道面を手のひらで柔らかく包み、軽く手前に引くと果実が離れて収穫できます。果皮の表面に力が加わると、その部分から痛み始めますのでやさしく取り扱います。

早生(わせ)農作物は成熟期や結実期の早いものから順に、早生(わせ)→中生(なかて)→晩生(おくて)となり『夢富士』は当園で栽培している桃の一番手になります。

余市産の桃『夢富士』絶賛販売中!につき

今年の初物、余市産の桃は各販売店でお求めになれます。

もも夢富士
桃は、甘み・旨み・酸味の絶妙なバランスが美味しさの秘訣。
口に入れた時に広がる果汁、桃の旨み、芳醇な香りをお楽しみください!

当園自慢の桃のトップバッターは、夢富士!各店舗にて(お試しに)なりやすいように、数個からお買い求め出来ます。是非とも北海道余市産の桃をご賞味ください!。
取扱店情報はこちらから

産地から直送通販も!

直送通販でしか味わうことの出来ない樹上で完熟したを限定で直送します!
直送通販はこちら

桃の美味しい食べ方、食べごろは?

少しかための桃
柔らかい桃にするための基本は、まず常温で2〜3日置いて追熟させてみることです。
手のひらで持った感じが、柔らかい感じになってきますが、強く押すと痛みが早くなりますので気をつけてください。
爪先で皮を少しめくるとなんとかめくれるくらいが、ちょうど食べごろです。

すでに柔らかめの桃
それ以上置くと傷んでしまう恐れもあります。
桃はデリケートな果物なので、少し強く押してしまうとその部分から桃が傷んでしまう場合がありますので、お早めにお召し上がりください。

桃の甘みを最大限に引き立たせるために、お召し上がりいただく2〜3時間前に一度、冷蔵庫に入れてかるく冷やす方法はおすすめです。
また、桃の皮と果実のちょうど間にこそ、桃を含む果物の最大の 栄養素や甘み・旨味をより多く含んでいるので、皮ごと食べる丸かじりも通な食べ方です。

※常温追熟は、エアコンや扇風機の効いた乾燥した部屋や、冷えた場所、そして直射日光の当たる場所も避けましょう

桃の保存は冷蔵庫でいいの?

桃の保存方法について
基本的には常温で保存することをおすすめします。品種によって多少の差はありますが、固い桃を柔らかい桃にしたい場合、1~2日ほど常温に置いておくことで柔らかい桃になります。すでに柔らかめの桃である場合は、それ以上置くと傷んでしまう恐れもありますので新聞紙などでそっと包んで、日陰や冷暗所で風通しのよい、涼しいところで保管することをおすすめします。保存場所は、エアコンや扇風機の効いた乾燥した部屋や、冷えた場所、そして直射日光の当たる場所も避けましょう。

 

北海道余市産のもも期待大ですね。それでは良い桃ライフを❕