スイーツ作りにおすすめ!冷凍果実販売中

プルーン&さくらんぼの剪定が終わり一区切り、ももの剪定始まってます。

冬の頃から進めていた、プルーン&さくらんぼの剪定作業が終わりを迎えひと段落も
春の農作業はまだまだ山積なのです。

もうすっかり雪なんぞ消えて、青々と草が茂ってきた園地では、緑と青のコントラストがハッキリとしてきました。
バッチリかみ合ったときの景観は、見なれた自分達でも気持ちいい😊

この時期に暖かさと、まだ寒さが目まぐるしいこの4月、日々成長する果樹達に、ただただ向き合っていくだけですね。

感動の桃も剪定から

さてさて園地では、いよいよ剪定作業の〆ともいえる、ももの剪定が始まっています。

桃の木は1年でとても成長し、枝をどんどんと伸ばしていきます。
それを剪定せず放置しておくと木の幹に光が当たらず、気が弱り枯れていってしまいます。

先端の方は元気でも幹が枯れてしまっては、美味しく大きな桃はできなくなってしまうので
だから剪定をして木の枝一本一本に光を当たるようにしてあげるのです。

そのことを頭に入れながら、力のある木(太い枝・養分を多く吸い上げる枝)を残し力のない木(弱っている・細い枝)を切っていきます。まぁそれがなやましく、たびたび手が止まってしまい、園主に教えを乞う私ですが(*‘∀‘)

ともあれともあれ8月の収穫まで手を掛けていくのみ!
昨年その甘さに大変好評いただいた、北海道余市味覚の丘うめかわの桃!期待大ですね‼