ふるさと納税で、さくらんぼ先行予約中!

これこそ北海道の季節の変わり目、余市の砂川果樹園!ついにあの人も始動

この週末過ごせば、あっという間に4月!

1年の4分の1が過ぎ去りますね

最近時の流れが加速中の私です( ´ ▽ ` )

さて、今年は雪が少なく、3月前半から中盤にかけての気温の上昇で、雪解けも早くて4月を待たずにして春到来!なんて浮れていたら…

3月後半に、帳尻を合わすが如く降る雪と寒さ…身も心も春モードに突入してたので余計に寒く感じるのかも⁉︎

園地の雪も溶けては降りの繰り返しで、朝はサラッと雪化粧、晴れた日中にはすっぴんの地肌があらわになっております。

★2列目の内容★

とは言ってもそれが北海道の季節の境目なのですが、やっぱり雪は当分いらないと思うのでした。

剪定作業の真っ只中

天候に翻弄されながらも、連日のプルーンやさくらんぼの剪定を行なっています。

大きな樹によっては日に3、4本しか終わらないこともある剪定作業ですが、地道にやって今や総体の面積で言えば、3分の2は終わったかなといったところです。

切った枝は、のちに芝焼きするために集めておきます。

そこで!

こまざらいを携え雪解けとともに、いよいよ年度末の事務処理を終えた、園主妻も始動!(笑)園主との連携作業となりますね。

また、枝切り作業と平行して、長〜い冬に雪の中で耐え忍んでいたブルーベリーの冬囲いを外しています。

例年より雪も少なかったおかげもあり、それほど被害もなく安堵しました。

ようやく解放されたブルーベリーも、春の陽気で嬉しそう

今年も頼むよ〜と声をかけながら進めていくのでした。